概略

孤立と社会的なコントロールのために不透明なメカニズムに基づいた技術の増加を分析する試み。それらの技術は上方から隠れて私たちを観察し、ストーキングし、中毒を後押しし、他人のニーズから利益を得る。携帯電話ユーザーが世界中で25億人を超える中、CORTEXは通信技術の発展により明らかになった矛盾を観察する。それはまた自身の発展や利益、進歩を調査し、それらに疑問を投げかける。質問し、美的な翻訳を通して情報を提供し、私たちすべてを永久に従属させる見えない力という視点をもたらす。

“CORTEX” seeks to analyse the proliferation of technologies based on opaque mechanisms for isolation and social control. Those technologies that observe us from above, hidden, stalking, promoting addiction, and obtaining benefits from the needs of the other. It observes the contradiction exposed by the development of telecommunication technologies, while mobile phone users have reached over 2.5 billion worldwide. The project investigates its development, its benefits and advances, but questions them. It also questions and offers information through aesthetic translations, giving a perspective of those invisible forces, under which all of us, permanently, are under submission.

プロフィール

アーティスト、リサーチャー。ベルリンとメキシコシティを生活と活動の拠点とする。聴覚の限界を押し広げるようなサイトスペシフィックな介入、彫刻、ドラマトゥルギー、出版、心理音響学の実験を作品とする。建築的な環境の外側にある現実を映し出す契機として展示空間を扱う。垂直性、プライバシー、幽霊化した機械を探求し、大規模な花火、カスタマイズされた電子的インターフェイス、誘発された状況を用いながら、その本質にあるパフォーマティブな体験によって攪拌することを試みている。

Artist and researcher. He lives and works in Berlin and Mexico City. His work includes site-specific interventions, sculpture, dramaturgy, publications and experiments in psychoacoustics that frequently push the limits of audio perception. de Vega uses the exhibition space as a springboard to reflect on the realities outside of the architectural environment. Digging into notions of verticality, privacy and ghosted machinery, using large-scale pyrotechnics, customised electronic interfaces and induced situations, he aims for agitation as an intrinsic part of the performative experience.
http://mariodevega.info