概略

鼓動を可視化・触覚化する装置により、人間の「多様性と普遍性」をテーマにしたサウンドインスタレーションの制作。鑑賞者の鼓動を糸の付いたスピーカーにより可視化・触覚化し、同時にその鼓動をクラウド保存する。その後保存された鼓動はクラウドから再度再生される。自己と他者の内部を同時に体感するこのインスタレーションにより、人間の多様性と普遍性を表現し、また仮想空間と現実空間に人間の身体性を保持させる。

プロフィール

アーティスト。広島市立大学芸術学研究科造形芸術専攻修了。「世界を読み解く為の装置」として、音や映像、動力、写真など多岐にわたる表現方法で作品を制作。代表作『Apart and/or Together』はグローバル社会の構造と人間の根源的な類似性を現し、 2018年ifva award(香港)でシルバー賞、2019年Aesthetica Art Prizeで審査員特別賞、第22回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出される。