概略

何度も映像化されてきた『西遊記』だが、まだ語られていないエピソードや、アニメーションの持つグラフィック的快楽性の追求が不十分など、原作の中には、映像化するための肥沃な大地がまだ残されている。長年に渡って短編の抽象アニメーションを制作してきた水江未来が、これまでやってきた方法論を応用し、全く新しい演出で子供向けのサイケデリックミュージカル映画を製作する。この企画はそのためのパイロット版の製作である。

代表者プロフィール

水江 未来
細胞や微生物、幾何学図形をモチーフにした抽象アニメーションを、16年間にわたり数多く制作し、ベネチア国際映画祭・ベルリン国際映画祭でのワールドプレミア上映や、アヌシー国際アニメーション映画祭での音楽賞、CANAL+CREATIVE AID賞の受賞などを果たす。2014年には、これまで制作した短編作品を再編集して1本にまとめたオムニバス長編映画『ワンダー・フル!!』が、全国15館で劇場公開された。

文化庁メディア芸術祭での受賞・選出歴

第7回アニメーション部門審査委員会推薦作品『FANTASTIC CELL』
第11回アニメーション部門審査委員会推薦作品『LOST UTOPIA』
第12回アニメーション部門審査委員会推薦作品『DEVOUR DINNER』
第13回アニメーション部門審査委員会推薦作品『METROPOLIS』
第15回アニメーション部門審査委員会推薦作品『MODERN No.2』
第17回アニメーション部門審査委員会推薦作品『WONDER』
第18回アニメーション部門審査委員会推薦作品『POKER』(水江 未来/中内 友紀恵)