概略

2つのパートにより構成される。

  1. 映像作品:カラーテストに用いられる対象物化された白人女性に声を与え、彼女ら自身の歴 史について語らせる。それはイメージプロセッシング技術において未だ存在する人種への偏見に焦点を当てた、選択および著作権侵害のストーリー。
  2. 論文およびビデオエッセイ:映像において意味のある効果をもつ(グリッチ)アーチファクトの盛衰を洞察するエッセイ。
  1. Video: This video aims to give a voice (following am imagined script) to objectified and caucasian females who served as color test cards, telling their histories – which features stories of co-optation and copyright infringement, while focusing on the fact of a still existing, inherent racial bias in image processing technologies.
  2. A Paper and Video Essay: This (video) essay intends to offer an in depth insight into the development and mutation of video (glitch) artifacts as meaningful effects.

プロフィール

1983年、オランダ生まれ。アナログおよびデジタルメディアにおける事故的に生じるグリッチやエンコード、フィードバックの際のノイズアーチファクト*に焦点を当て、アーティスト、キュレーター、リサーチャーとして活動する。それらのアーチファクトは曖昧な解像度の標準化に重要な洞察をもたらすと考えている。リサーチを通して、夢想的でなく、失われたあるいはまだ見ぬ、補正されるには惜しい解像度を発見しようと試みる。

*アーチファクト:不可逆圧縮(圧縮前のデータと、圧縮・展開を経たデータとが完全には一致しないデータ圧縮方式)によって起こされるメディア(映像・画像・音声など)の歪み。

Born in 1983 in the Netherlands. Rosa Menkman is an artist, curator and researcher whose work focuses on noise artifacts that result from accidents in both analogue and digital media (such as glitch, encoding and feedback artifacts). These artifacts can facilitate an important insight into the otherwise obscure alchemy of standardization via resolutions. In her research, Menkman intends to uncover the interests of anti-utopic, lost and unseen or simply “too good to be implemented” resolutions.

https://beyondresolution.info/