概略

LGBTQ+のアーティストや活動家への口述インタビューを行い、そのインタビューで得られた証言を元に、インタラクティブに閲覧できる対話型作品を制作する。本作の制作を通じることで、ユーモラスで情緒的な新しい形の対話型ドキュメンタリー手法の創出を試みる。

Oral history interviews will be carried out with LGBTQ+ artists and activists. The testimonies that arise from these interviews will be dynamically arranged into short, dialogical interactive works. This is an attempt to create a playful and emotive form of interactive documentary.

プロフィール

1987 年、英国生まれ。文化研究家、メディアアーティスト。ケンブリッジ大学、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、ヴィクトリア・ アンド・アルバート博物館を経て、現在はランカスター大学博士課程に在籍。記号学やゲームの歴史、インタラクティブ・メディアを通じて社会技術システムを分析している。

Born in the UK, 1987. Cultural researcher and media artist. Zoyander studied at Cambridge University, the Royal College of Art, and the Victoria and Albert Museum, and is currently a Ph.D. student at Lancaster University. He analyzes sociotechnical systems through the semiotics and history of games and interactive media.

http://www.zoyander.cc