『3D Light Writer』という空中に光る立体を書き出すアプリケーションが昨年度[第15回]のエンターテインメント部門審査員推薦作品に選出された樫田壮一さんは、日本人にとって馴染みある行事、餅つきをテーマにした作品を現在、企画しています。

この作品の制作にあたり、アドバイザーとして、ゲームクリエイターの岩谷徹氏、マンガ家のタナカカツキ氏が参加し打合せが行われました。

まず初めに樫田さんからアドバイザーに対して、これまで自身が手掛けてきた作品が紹介され、その後、今回の作品の詳細が説明されました。今回の企画『餅つき』では、臼の中にある餅を杵でつく瞬間に、爆音と光が発生します。展示会場では、体験展示とプロの餅つきパフォーマーによるデモンストレーションの双方を検討しているということでした。

詳細を聞いたアドバイザーからは、装置の仕組、具体的な音量や光の発生方法、発光イメージなど、実際の展示空間を想定するために必要となる質問が続きました。続いて、餅つきをテーマとして選んだ理由や、これまでの作品との類似点などに話が及んだのち、これまでの樫田さんの作品に共通する分かりやく、インパクトがありながらも皮肉やユーモアが感じられる特徴が、今回の企画ではまだ見えていないことがアドバイザーより指摘されました。冒頭でこれまでの作品を興味深く見ていた岩谷、タナカ両氏からは、企画自体をより魅力的することが可能であろうことを前提に、スケジュールを考慮しながらもコンセプトをもっと明確にし、再考すべきではないかとのアドバイスがありました。また、今回の作品は空間に応じて展示方法の変更が生じるため、展示もバリエーションを持って検討する必要があることも指摘されました。

次回の打合せでは、引き続き、コンセプトを含めたが話し合いが行われることになりそうです。